コラーゲンの効果は髪にも?

コラーゲンの効果は髪にも?

男性だけでなく女性も年齢を重ねるとともに、髪が細くなる、コシがなくなる、頭頂部ボリュームが減ってヘアスタイルが決まらなくなるなどの悩みが出てきます。
女性は20代をピークとし太さがだんだんと細くなっていき、コシも弱くなっていきます。
これは、毛乳頭が細くなるからです。

 

コラーゲンは肌の真皮の土台となります。
減少することにより肌には弾力がなくなりしわやたるみが生じます。
肌のはりや潤いを保つ美肌効果が知られていますが、女性の薄毛にも効果があることが期待されています。

 

頭皮も皮膚であり、コラーゲンが土台となっています。
不足すると、頭皮が固くなり、保湿効果が低下します。
すると、髪の成長に必要な栄養分が頭皮に十分に行き渡らなくなってしまいます。
細くなるのは頭皮の健康状態が悪いためと考えられています。

 

また、コラーゲンペプチドを摂取した女性の髪が太くなったという報告があります。
太さは毛乳頭の大きさに比例していると言われています。
コラーゲンペプチドは、血流にのって毛乳頭や毛母細胞を刺激し、活性化させ太くしていると考えられています。
コラーゲンを含む食品を摂取することが必要ですが、より良い結果を期待するならばビタミンCを同時に摂取するといいでしょう。
真皮への浸透や内部での安定を促進させてくれます。